不調の原因を探ろう|ストレス診断チェックで心の健康を管理

医者

医師との二人三脚で改善

笑顔の女性

寝つきが悪い、何度も目が覚める状態は睡眠障害といいます。かかりつけ医、精神科、心療内科で相談、治療することができます。睡眠薬や漢方薬などを使いながら生活習慣を見直すことで睡眠障害を治すことができます。

もっと読む

心の健康を保つ

下を向く女性

年代別診断が人気

心療内科を訪れる前に、多くの方が試みるのがセルフのストレス診断です。ストレス診断では、多様な質問事項に答えるだけでその時点でのストレスレベルが分かります。インターネット上からも利用が出来るのが、各年代別のストレス診断です。社会人や学生などのカテゴリーによって、質問内容が若干変わります。ストレス診断で得られた結果は、病院を受診するときに使えます。その日によって体調が変わる方は、症状が重いときの状態を掴むためにもストレス診断が有効です。人間関係への反応や食欲、睡眠状態についての質問が目立ち、ストレスへの耐性が広くチェック出来ます。環境要因と心理的状況の関係性が見えてくるのが、ストレス診断の良さです。

身体症状がサイン

診断項目の中には、身体的な不調についての質問も多く盛り込まれます。肩こりや頭痛、消化器症状などが問われるのが、大きな特徴です。一見ストレスと無関係に見える身体症状も、実は心理的な問題が関係していることがあります。ストレス診断で該当する内容があれば、自分が抱えているストレスの調整が必要です。肩こりなどの身体症状は、習慣化している場合でも見過ごされがちです。背景にあるストレスに気づかないでいると、うつ病などに繋がることも考えられます。ストレス診断で心当たりがあれば、医師に相談するのが賢明な方法です。ストレスを抱えていると、呼吸にも影響が表れます。呼吸が乱れると、肩こりや頭痛などが生じやすくなります。

心と悩み解消

救急車

仕事のストレスを抱えてしまったら解消しなければなりません。少しずつストレスは蓄積されて病気の症状を発症します。症状が出たら医療機関を受診しましょう。また、心がちょっと疲れたと感じた時はゆっくり休みましょう。

もっと読む

どもりを治すための病院

医療ベッド

吃音は、発声に異常がないかを調べるためにまずは耳鼻咽喉科を受診します。問題がなければ、心療内科を受診して心のケアを行い更に言語聴覚士と一緒にトレーニングを重ねて正しい発声法を身につけるようにすると良いでしょう。

もっと読む