医師との二人三脚で改善|不調の原因を探ろう|ストレス診断チェックで心の健康を管理

不調の原因を探ろう|ストレス診断チェックで心の健康を管理

看護師

医師との二人三脚で改善

笑顔の女性

早めに医師の相談を

睡眠に問題を抱えている人が増えてます。その原因の多くはストレスが関係しています。ストレス続くと脳が興奮状態になっています。その状態では寝つきが悪くなったり何度も目が覚めてしまうことがあります。疲れていても寝ることができないのは脳が興奮状態のままだからです。疲れをとるには深い睡眠と十分な時間が必要です。寝つきが悪いと睡眠時間が足りなくなります。また何度も目が覚めるのは深い睡眠ができていない証拠です。これらは睡眠障害といいます。長期間続いたり日常生活に支障が出る場合は早く病院で相談することです。かかりつけ医のいる場合はまずはそちらで相談しましょう。かかりつけ医がいない場合は精神科または心療内科を受診しましょう。

安全な薬が多い

睡眠障害は薬で治療することができます。睡眠薬に抵抗がある人もおられます。しかし今ではとても安全な薬がたくさんあります。依存性のない薬から始めることができます。寝つきをよくする睡眠導入剤、十分な睡眠時間をとることができる睡眠薬があります。どうしても睡眠薬は心配だという人には漢方薬もあります。安心安全な薬があるので早めに相談することです。十分な睡眠がとれるようになると疲れもとれ精神も安定するので薬のいらない生活に戻すことができます。睡眠障害は生活習慣に問題があることが多いのです。お酒、パソコンやスマートフォンなどの強い光、朝起きたときの行動など何でもないことが睡眠障害の原因となっていることがあるのです。医師との二人三脚で睡眠障害は改善できるのです。